有酸素運動 内臓脂肪

有酸素運動と内臓脂肪

有酸素運動をすれば蓄積された内臓脂肪も落とすことが出来ます。

内臓脂肪を落とそうと思ったら普通に運動をしていても落とすことが出来ませんから、有酸素運動をする必要があります。

有酸素運動をする事が一番効果的な方法といってもいいでしょう。

有酸素運動をすれば、最初は血液の中の糖質、筋肉に蓄えられているグリコーゲンを使って体を動かしていきますが、だんだん血液野中の遊離脂肪酸が使われるようになります。

血液の中の糖質や脂肪が不足してくるのがだいたい20分過ぎくらいからで、ここからは体脂肪を分解してエネルギーにして体を動かします。

体脂肪は種類があり皮下脂肪と内臓脂肪があるのですが、内臓脂肪のほうが代謝が活発ですから、有酸素運動をしていても、内臓脂肪から活発に分解されて使われていきます。
有酸素運動をすれば、内臓脂肪を活発に燃焼させて落としていきますから、それが結果的にダイエットになります。

ダイエット効果だけでなく内臓脂肪が減るということは、生活習慣病やその他の病気の予防にもつながりますから、しっかりと有酸素運動を取り入れて続けていくようにしましょう。

1日の時間も大切ですが、毎日続けていくことが一番大切なのです。

オススメサイト一覧