有酸素運動 生活習慣

有酸素運動と生活習慣

有酸素運動は生活習慣病を予防するといわれています。
生活習慣病は昔は成人病といわれていたのですが、平成8年から生活習慣病と呼ばれるようになりました。

生活習慣が原因で発症している病気のことを生活習慣病と呼んでいます。
例えばガンや糖尿病、高血圧や高脂血症、脳卒中などがそれにあたります。
また動脈硬化なども生活習慣病です。

有酸素運動はこれらの生活習慣病を解消する、予防することが出来るとして知られています。
生活習慣病は運動だけでは解消出来ませんし、食生活の面でも解消させる必要がありますから、有酸素運動と食生活の両方から対処していかなくてはいけません。
有酸素運動を毎日の生活の中に取り入れれば体の中の中性脂肪は減っていくと思います。

それだけでなく善玉コレステロールを増やすことや血圧を下げる効果もありますし、血糖値も下げることが出来ます。
肥満解消やストレスを解消させるための効果もありますから、現代人によくある生活習慣病を徹底的に予防、解消させるためにはとてもよい運動なのです。
運動不足は解消しなければいつまでたっても運動を取り入れることは出来ませんから、しっかりと有酸素運動を取り入れていく努力をしていきましょう。