有酸素運動 タイミング

有酸素運動のタイミング

有酸素運動を行う際には血糖値の状態が大切ですから、行うタイミングも考えたほうがいいでしょう。
有酸素運動をすると最初は糖質がエネルギー源です。

これが尽きた20分後くらいから体脂肪を使って脂肪燃焼をしていきます。

ですから、最初に糖質を使って、それが使い終わってから脂肪燃焼が行われるので最初から血糖値が低くて糖質をエネルギーにできないという場合には体脂肪を使っていきなり脂肪燃焼していくので一見してみると、そちらのほうがダイエットによいと思っている人も多いかもしれませんが、そうではありません。

おなかがすいているときに有酸素運動をしても十分に運動の効果が現れませんから、脂肪は燃焼すると思うかもしれませんが、それでは運動として正常に働かないのです。

血糖値が低いときには有酸素運動をするのはあまりよくないということがわかりましたから、できるだけおなかのすいているときや朝起きてすぐなどに有酸素運動をするというのはやめておいたほうがいいでしょう。

特に高齢者は朝起きてすぐに運動は控えるようにしましょう。
出来れば朝食を食べて1時間以上たってからしていきましょう。

夕食前やおなかがすいているときは血糖値が低いですから、タイミング的にはよくありません。
有酸素運動をしてから30分は体脂肪が燃え続けているので出来るだけこの時間には食事もしないようにしましょう。

オススメサイト一覧